【骨盤矯正椅子】姿勢を良くする方法!家で作って体験してみよう

骨盤矯正椅子のイラスト

 知人:「最近、親の座る姿勢が丸い事が気になって…」

 知人:「骨盤矯正椅子導入するのどうかなと思うんだけど…実際どうなんでしょう?」

 私がよく聞かれる質問の一つ、「骨盤矯正椅子」です。

 私自身は骨盤矯正椅子を作っていませんが、リハビリをしていて、座る姿勢を改善することは、とても大切な事であると感じています。

 みなさん椅子には1日何時間も座りますよね?

 そんな椅子に座っている時の姿勢は少なからずあなたの姿勢に影響を及ぼします。

 ですから、姿勢を良くするために、骨盤矯正椅子を購入したくなる気持ちはわかるのですが、購入する前に注意して頂きたいこともあります。

 本日この記事でお伝えすることは3つです。

 それは、『どうして骨盤矯正椅子は座る姿勢を良くしてくれるのか?』という事、購入する際の注意点、そして『簡易的に骨盤矯正椅子をを体験する方法』です。

どうして骨盤矯正椅子は座る姿勢を良くしてくれるのか?

骨盤矯正椅子のイラスト

 ここで、骨盤矯正椅子はどうして座る姿勢がよくなるのか?というところをお話ししていきます。

 まず、骨盤矯正椅子は、いろいろなメーカーから種類も色々出ています。

 素材自体の固さや形、クッション性も少しずつ異なっています。

 そんないろんな骨盤矯正椅子に共通している大きな特徴は、座ると自然と「骨盤が起きる」ところだと思います。


どうして骨盤矯正椅子は座る姿勢を良くしてくれるのか?

 では、骨盤が起きるとどうして姿勢が良くなるのか?

 それは、いわゆる「良い座る姿勢」では骨盤の位置が真っ直ぐだからです。

 座っている時の姿勢は、骨盤の傾きに大きく影響を受けます。

どうして骨盤矯正椅子は座る姿勢を良くしてくれるのか?

 骨盤は、座っている時に椅子に接する部分であり、上下の体を連結しています。

 骨盤の上には背骨がついていますし、骨盤の下には大腿骨が続いています。

 骨盤が前に傾けば背骨は背中は反りやすくなり、足は内股になりやすくなります。

 後ろに傾けば背中は丸くなり、足はガニ股になりやすくなります。

 そんな骨盤が、例えば足を組むことによって片側に傾いたり、楽に座ろうと後ろに傾くと、それだけで姿勢がかたよります。

 座っている時の姿勢に骨盤の位置はかなり重要であるという事がわかると思います。

どうして骨盤矯正椅子は座る姿勢を良くしてくれるのか?

 ここで、骨盤の形を見てみましょう。

 良い姿勢で座っている時、骨盤の下側(坐骨)の部分が接しています。地面に接する部分に対して、形は結構不安定です。

 今にも前か後ろに傾きそうですよね。

 しかし、私たちは真っ直ぐ座ろうと思えば、座ることが出来ますよね?(身体状況にもよりますが)

 それは、私たちは骨盤を起こした姿勢を筋力やバランスを使ってキープする事ができるからです。

どうして骨盤矯正椅子は座る姿勢を良くしてくれるのか?

 しかし、この姿勢を長時間キープするのは難しい…骨盤を起こし続けるのは疲れるのです。

 そして、骨盤を起こすという事自体もわかりにくい&難しい場合もあると思います。

 この問題を解決してくれるのが、骨盤矯正椅子なのかなと私は考えています。

骨盤矯正椅子を購入する際の注意点

骨盤矯正椅子を購入する際の注意点

 骨盤矯正椅子を購入する際の注意点、それは座ってみる前にネットショッピングでポチる事です。

 姿勢やお尻の大きさは人それぞれのため、いざ使ってみて疑問を覚えたり、後で他のものを使ってみて後悔しかねません。

 骨盤矯正椅子はロフトやデパートにお試しできるものが置いてあるので、まずは座ってみましょう。

 そして、ネットでポチるのは体に合うものが見つかった後にすることをお勧めします。

 また、もう一つの注意点は、骨盤矯正椅子の前に、使っている椅子そのものがその人の体に合っているのか?というところです。

 高さや大きさが合っていないと、それだけで姿勢は崩れやすくなります。

 体に合った椅子の考え方について気になる方はこちらの記事もご覧ください。

シーティング後の高齢者のイラスト自分に合った家具の選び方_椅子

骨盤矯正椅子を家で作って体験してみよう!

 「でも、なんとなくでいいから感覚的に体感してみたい」という声もあると思ったので、簡易的に自宅で出来そうな方法を考えてみました。

 ここで作るのは、『骨盤が自然と起きやすくなる背もたれ』と『骨盤〜腿(もも)が椅子になじみやすくなるような凸凹』です。

用意するもの

・椅子(背もたれ付き)

・バスタオル3枚

・予備:枕(シーツ丸めたのでもok)1つ

準備

骨盤矯正椅子の簡易的な作り方のイラスト
骨盤矯正椅子の簡易的な作り方のイラスト

使い方

骨盤矯正椅子の簡易的な作り方のイラスト
  1. 椅子の前2/3に折りたたんだバスタオル(1枚)を置く
  2. 腰の後ろに、くさび状に折りたたんだバスタオル(2枚)を置く
  3. 深く(重要)腰掛ける
  4. (腰を起こしきれければ、くさびの後ろに枕をたす)

 ここであなたに体験して頂きたい事は骨盤が起きると骨盤に付随して上体が起きやすくなること。

 そして、骨盤を起こしてくれている分、何もない時よりも、良い姿勢をキープしやすい事。

 最後に、もう一つ感じて頂きたいこと。それは、疲れにくいとはいえども、長時間良い姿勢を保つと割と疲れるということです。

 そう、骨盤を起こしてくれる分、ない時よりは楽なんですが、背中や頭は自力で起こしておかないといけないので多少疲れます。

 そのため、もし疲れやすいご家族に、『長く良い姿勢で座ってもらいたい!』というような目的で購入を検討されている場合には、少し注意が必要です。

 長時間座る事が目的なのであれば、楽に座れる事に焦点を当てたほうがいい場合もあるためです。

 骨盤矯正椅子は、目的に応じて導入を検討しましょう。


私が現在使用中の骨盤矯正椅子

 そんな私は、パソコン作業中に姿勢が悪くなる事を防止するために骨盤矯正椅子(実際には骨盤サポート椅子という名称)を去年導入して、今も愛用していたりします。

 去年の医療と介護の展示場で購入したものです。

 てこが使われている感覚があり、椅子に座ると、座った時の重みで背もたれがググッと骨盤に迫ってくる感じです。

 使ってみると、『おぉっ』ってなります、面白いですよ。

 以下にリンクを貼っておきます。ご興味のある方はご覧ください。


 現在愛用中の椅子(Curble Chair):小柄な人向けかもしれません。骨盤のはまりがいい感じです、よくおきます。

 (参考までに、私の身長153cm、ヒップ85cm)

【Monna】骨盤サポート 新ワイドカーブルチェア 在宅 ワーク 椅子 姿勢 ボディメイク 美 Style 携帯 便利 正規代理店 (ブラック, ワイド)MN-W01

背骨に特化した背もたれが大きいタイプ(Curble Chair):体の大きい旦那はこちらの方が気に入っていました。

【Monna】骨盤サポート 新カーブルチェア 在宅 ワーク 椅子 姿勢 ボディメイク 美 Style 携帯 便利 正規代理店 ブラック MN-001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です