現状報告:病院の退職とやりたい事について

病院を退職した理学療法士のイラスト

 こんにちは。長らくこちらでお伝えしていなかったのですが、実は私9月末に理学療法士として働かせて頂いていた病院を退職しました。

 新卒の頃から計5年半、回復期の病棟にお世話になっていました。

 報告が遅くなり申し訳ありません。

 本日は、病院を退職した理由と、今後やっていきたいと思っている事を中心にお伝えしていきます。

退職した理由

 回復期の病院を退職した理由は色々あるのですが、一番の理由は「他にやってみたい事があった」からです。

 新卒から右も左もわからないピヨピヨな私がそこで働き出し、5年半が経過しましたが、働いていても未だにわからないことは沢山あります。

 そして、働き続ける事によってまたそこで得られるものも沢山あるという事も感じています。

 ですが、それを差し置いてもやってみたい事が他にあったので、退職する事にしました。

 先輩後輩職種問わず、これまで働いていた病院は優しい方が多く、人に恵まれながら働いてこれた私は幸せだと思います。

 長らく私の事をサポートして下った皆様、本当にありがとうございました。

 何よりこのどうなるかわからない不安定な状況を許してくれた旦那には、感謝してもしきれません。

私が好きなこと

油圧式サークル歩行器のイラスト
まだ見ぬ新しい福祉用具を見たい

 ここ1〜2年程、リハビリの仕事をしつつ自分の好きや事ややりたい事が何なのかをよく考えるようになっていました。

 考えた結果ですが、恐らく私が好きな事は、誰か困っている人がいるとして、その原因と解決策を考える事です。

 そして、自分が面白いとか便利!と感じたエピソードや商品を紹介するのも好きです。なので4コマ漫画も書き続けます。

 こんな事を言うと、リハビリが嫌いなのかと言われそうですが、そんな事はないです。リハビリのお仕事も好きです。

 ただ、生まれながらに自分が好きな事は何なのかと、私が理学療法士としてやりたい仕事って何だろうと考えるのがもう癖になってしまったんです。

 恐らく、こういった事を考えるのは、リハビリをする上で患者さんの「ゴール」を毎日考える内に、ふと「あれ、そういえば私のゴールってなんなんだっけ?」と疑問を持つようになったからではないかと思います。

 そして、同時に、将来私達夫婦のどちらかが体を壊した時が不安なのもの事実です。このお仕事は体が資本だからです。

 今の所体は丈夫なんですけどね、未来はどうなるかわからないので…働く手段を増やすためにも、やっぱり色々な事がやってみたいと思う私なのでした。

今後やっていきたい事

これからやりたい事のイラスト
これからやっていきたい事

1つ目:プロフィールでもお伝えした様に、これまで病院で働くことで体験した事や、日々勉強をして学んだ事をここで発信すること

2つ目:心と体を癒せる理学療法士になる事。

 回復期病棟を退院された患者様が、在宅でどのように過ごしていて、どのような事に困っているのか、在宅へ伺って聞いてそれを解決するお手伝いをする事。

3つ目:まだ見ぬ便利で使いやすい商品(福祉用具や共用品)を探し、紹介する事

 この他、福祉用具専門相談員や福祉用具プランナーの資格を取りたいと思っています。

 旦那や家族、いつも見て下さっている皆様には、迷惑やご心配ばかりおかけしていますが、これからもどうぞよろしくお願いします。

のどか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です