初めまして

理学療法士のどかのイラスト

 こんにちは。初めまして。理学療法士のどかです。都内の病院に勤務し主に回復過程にある患者様へのリハビリをしていました。現在6年目で、仕事の内容は概ね覚えられたのですが、患者様はみんな病状や背景が異なり、毎日新しい発見があると共にわからない事も沢山あります。対人との仕事なので、笑いがある時もあれば、悲しい事もあります。

母が介護者となった

 そんな毎日を過ごしている中、母から定期的に連絡が来るようになりました。理由は、祖父(90歳代)が次第に自分の事を自分の力で出来なくなってしまい、第三者のサポートが常に必要になっていたからです。祖母の介護も行っていた母は次第に疲弊し、余裕がなくなってきていました。祖父の体がどうして悪くなっていってしまったのか。どうして言うことを聞いてくれないのか。どうしたら祖父・自分自身が共に楽になるのか。そんな事を毎日考えている母が少しでも楽になればと思い、ひたすら話しを聞いたり、現段階で使えそうな社会的資源(介護サービスや相談窓口)、物的資源(福祉用具)等色々提案していました。

 そこでふと思った事は、他にも私も母のような境遇にいる人が沢山いるのではないかという事です。そして、私が現場で働いてわかった事や知識を発信する事で少しでもそのような方々の介護場面で参考になったら、こんな嬉しい事はないなと思いました。

ここで作っていきたいコンテンツ

 主に介護が必要なご家族を抱える方や、医療・福祉に携わっている方へ向けて、人の体の動き方から介助の方法、その人にあった福祉用具の使い方・選び方等を中心に書いていきたいと思います。また、一般の方向けに自分にあった家具や寝具の選び方等も書いていこうと思いますで、気になる記事があればぜひご覧になって頂けたら嬉しいです。

それでは、これからどうぞよろしくお願いします。

のどか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です