4コマ漫画専用サイトを作りました!こちらから

介助方法_ベッド上での横移動の方法

高齢者に声かけする家族のイラスト

先日、ベッド上での上への移動方法についての投稿をしました。

ベッド上で動けない高齢者のイラスト
介助方法_ベッドでの上への移動方法

 ベッド上で行う介助の中で、同じ位頻回に行う介助として、横方向への移動があります。

 横方向へ移動するタイミングといえば、寝た後に左右どちらかに寄りすぎてしまった時や、スムーズな起き上がりをしてもらうためなどに、横方向へ移動してもらう事があります。

本日は、ベッド上での横方向への移動の介助方法について、書いて行きます。

横方向へ移動する際の順序

ベッド上で横方向へスライドする時の順序のイラスト
移動順序は比重が重い順がオススメ

 横方向へ移動する際に、上半身・腰・足を同時または個々に移動していくかと思います。

 ここで、個々に移動していく場合には、体の中で一番比重のある、「腰」から重い順に移動するのが無難です。

 理由は、比較的軽い上体や足が先に動かされると、後に残った重みのある腰に引かれてしまうという事と、進行方向が定まりにくくなるためです。

ベッド上での横移動の介助方法2選

MEMO
ベッドの高さは、介助のしやすい高さに合わせましょう

片方の腰が落ちる力を推進力に利用する方法

 この方法は、ベッドに腰が接する面積を狭め、腰を動かしやすくした後に、腰の落ちる重みを利用して横へ移動する方法です。

まずは、両側の腰をガッチリ摑みます。介助者の立ち位置は、進行方向側です。

ベッド上で介助する時の開始姿勢のイラスト
立ち位置の一例

 立ち位置から相手の距離が遠すぎる場合には、ベッドへ上がってしまった方が良いです。自分のももの上に相手の両足を乗せられると、より楽です。

この時、介助者のもう片方の足の膝は立てて置くと、少し踏ん張りが利きやすいです。

ベッド上水平方向への移動の介助方法のイラスト1
足下から見た介助のやり方

進行方向と反対側の腰を天井側へ持ち上げます。

ベッド上水平方向への移動の介助方法のイラスト2
足下から見た介助のやり方

 持ち上げる力を抜き、片方の腰を落とす(押す)と同時に、進行方向側の腰を横へスライドさせます。

後は、肩と足を両手で優しく抱えながら同じ方向へスライドすれば、終了。

体をガッチリ固定した後、重心移動を利用する方法

立ち位置のイメージ

 こちらは、先ほどの介助方法と比較すると若干必要な力が増えますが、介助自体はやりやすいと思います。

介助者は進行方向へ立ちます。

 片方の腕を、腰の下から入れます。同時に、もう片方の腕は、上から腰を覆うように重ねます。

ONE POINT
腰の下に手をいれる際、マットレスと体の間に手を差し込むというよりは、マットレスを押しながら差し込むイメージで行えると、圧迫感が少なく済みます。
ベッド上水平方向への移動の介助方法のイラスト
動かす瞬間のイメージ

介助者の後ろへ体を傾ける力(重心移動)で、進行方向へ引き寄せます。

同様のやり方で、上体と足も引き寄せ、終了。

介助負担を楽に:スライディンググローブを利用してみる

スライディンググローブの使用方法の一例のイラスト
スライディンググローブを使用しながらの横移動

 2.で載せた介助方法を行っても、介助者自身が足腰に痛みがあったり、相手の体重が重い場合など、それでも難しい事があるかと思います。

その際は、スライディンググローブを利用すると良いです。

 スライディンググローブは、摩擦が少なくサラサラしており、介助がしやすくなる道具です。

スライディンググローブを横移動に利用するやり方は簡単です。

 2.の2個目の介助方法で、腰の下へ入れる側の腕にグローブをはめて、同じように介助すれば、腕を腰の下へ入れる力も、引き寄せる力も少なく済みます。

ちょっと足腰が怪しくなってきた方は、ぜひお試しを。

 スライディンググローブはないけど、やってみたいと思われた方は、試しにキッチン用ポリ袋を手にはめて行ってみると、やりやすいと思います。


 こちらは、介助方法についてのまとめページです。

 ご興味があれば、ぜひご覧ください!

介助方法まとめのアイキャッチイラスト介護者向け:ご自宅で出来る介助方法【まとめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です